赤と黒の石

ガーネットのチャーム


ごつごつのガーネット(アルマンディン)のかけら。。。
パワーがたっぷり詰まっています(*^_^*)
ガーネットばかりのホカホカチャーム♪


透明のビーズは、ヒマラヤの水晶。国の情勢が悪いため、あまり入ってこなくなってしまって残念。いまや貴重な石ですね。ひとつ残っていたので、つけてみました。ガーネットはよく反応して疲れやすい石ですが、ヒマラヤ水晶と一緒なら安心♪しっかりと人も石も護ってくれます。

——————————————————

先日、テレビでヤンキー先生が出ていて、
子どもに対して、まわりは上から光りを与えるけれど、
そうじゃなくて、子どもは”熱”で動くと語っていました。
その通りだなぁと。。。これは、石も当てはまると思います。
成長期の幼児や子どもは、色でいうなら「黒や赤」の濁ったカラーです。

残酷ともいえるような、混沌とした生命力がぎゅっと詰まっているのです。それに一生懸命光りを当てても、反応は少ししかないような気がします。

赤や黒の石はまず肉体にダイレクトで、体調を整え、体を温めます。また大地にしっかり足をつけることを実感することで、無意識で根拠のない自信が湧きます。

子どもたちを熱くじっと見つめる、本気で抱きしめる、見続ける。
そんな理屈でない熱い情。その「熱」と「赤と黒」は一緒だと感じます。ここが十分に足りていれば、自信と誇りが生まれ、ゆるぎない価値観が備わり人と自分を比べたりしない人格を導ことができるような気がします。

大人になって、この部分が弱いなぁと気づいた人でも解決できます。たとえばヤンキー先生のような、熱を発する人とかかわることです。そんな人がまわりに望めないなら、ぜひ赤と黒の石を試してみてください。気づかなくても、見えないところで必ず反応しています。

なーんだ結局石の宣伝かい(^^ゞ。。。
いやいや、本気で思っております。 長々とすみません。m(__)mご勘弁を

前の記事

スギライト

次の記事

ラリマー