右手親指下の痛みにクリスタルを合わせてみる

右手(親指下)を使い過ぎて痛めてしまったので、リフォームは一時お休みして自宅で療養中です♪面白いので回復に役立つ石を選定してみました♪

当初の症状
・右手親指下の甲側、手の平側どちらも同じくらい腫れて熱を帯びる
・動かすととにかく痛い(骨か筋肉か筋か見当がつかない)
・痛くて親指を横に広げることができない
・瓶の蓋を開けることが痛くてできない
・ビニール袋をつまんで引っ張り上げることが痛みでできない
・牛乳パック、みりん、酒をひょいと指で持ち上げることができない
・箸は痛みがあるものの何とか持てる
・腕・首・肩に痛みなし
・7日後、手首に痛みなく普通に動く、小指と同時に動かしても痛みはないので、「ケルバン病(狭窄性腱鞘炎)」でなく、関節の老化とされる「母指CM関節症」だとあたりが付きました。何にせよ湿布貼って安静が一番なので正式な「病名なし」でヨシとしました^^

原因
・前日ペンキ塗り(ハケ・柄につけたローラー)作業を6時間した翌朝急に痛み出した
*前夜の夜は痛みも腫れもなく普通に生活
*持病なし(健康診断オールA)

対策・経過
・当初は病院に行かずシップを貼って安静にした
・5日後、痛みがとれないため念のため整形外科を受診。レントゲンで骨に問題なし。病名も言われず、うっかり聞かず。とにかく使わずに「安静に」とのこと
・12日後、痛みが少し薄れて良くなってきたので、クリスタルでケアを開始
(*かなり石のケアと相性がよいようで急速に改善してきました)
・14日後現在、押すと手のひら、手の甲どちらも痛みは残るものの随分良くなる
・ホメオパ(ルータやアーニカ、アコナイト、ルストクス)は初期から適宜取り入れる

クリスタルを痛み対策に取り入れてみる
腫れがあるうちは痛みがひどくとてもやる気になれませんでしたが、少し症状が和らぐと気持も上向いてきので、痛みに対応する石たちを見繕って合わせてみることにしました♪

その前に準備したのは「レピドライトinカテドラル」

これは治療には必須アイテムで、この石が中心となります。レピドライドは癒しの石であり、カテドラルと一緒になると自動修復の役割を果たしてくれる優れものです。

さてざっと役に立ちそうな石を並べてみました。


上段
1.シトリンカテドラルちびレーザー水晶・ワイルド系(ブラジル産)
2.シトリンカテドラル水晶・クリア(ブラジル産)
3.クローライト入りカテドラルレーザー水晶(ヒマラヤ・ガネーシャ産)
4.シトリンカテドラル水晶・クリア(ブラジル産)
5.カテドラルレーザー水晶・クローライト・プレンティーキー(ヒマラヤ・ガネーシャ産)
6.シトリンカテドラル水晶・ワイルド系(ブラジル産)
7.アメジスト入りキャンドル・カテドラル水晶(秋田産)
***************************
下段
8.クローライト水晶(ヒマラヤ産)
9.煙水晶・虹入り(ブラジル産)
10.レピドライト入りキャンドルクオーツ(マダガスカル産)
11.レムリアン煙水晶(ブラジル産 Bahia)
12.ブラックアメジスト・両剣・セルフヒールド(ブラジル産 Bahia)
13.レムリアン煙水晶(ロシア産)
14.アメジストポイント(ブラジル産)

上段は「カドラル」がズラリと並びました。痛みを取り除き、様々な恩恵を受けることができるカテドラルはヒーリングの場で信頼できます(*^^*)

下段はポイントたち。レムリアンも出てきました。マダガスカル産の白いキャンドルは私がいつもヒーリングで使うアイテムです。「灯をともす」キャンドルはオールマイティで使いやすいです。

どの石が症状に対応するか分かりますか?大小はあまり関係ありません。
石と波長が合いやすくて感覚の良い方や波動療法に馴染みのある方ならスッとそのときの私の症状に合わせることができると思います^^。今回は2本のクリスタルがアピールしてきました。

興味がある方は試してみてください♪頭で考える必要はありませんよ。体で感じてみてください(*^0^*)やっぱ石はいいね♪

続きは後日!!

 

 

前の記事

完成と休息