ルーンのワンド

Pocket

先日、木のワンドを作ってきました。
木の説明してくれる前に、あっコレだ!という引き合いがあって
アッシュ(トリネコ)の枝を選びました♪
ハイヤーセルフとつながる木。情報を得る木だそうです。
なるほどいま必要なのは、
ヒーリングワンドというより、チャネリングワンドということのようです。
皮と枝をせっせと削って、磨いてあっという間に半日。
一心に彫るって、気持ちいい(*^_^*)
このワンドは後工程で、ルーンの刻印を入れていくのですが、
作っている最中に一文字しか浮かばず、その「ガー」という字を刻印しました。
「絶対的なYes」
「絶対にはずさないヤリ」といわれ
北欧神話の第一位の神オーディンの槍を表すそうです。
たぶん遠隔のときにでも使うのかなと思っていたのですが、
アッシュって、邪気払いになるのかしら。
かなりよい結界になっているようで
置いておくだけで部屋がすごく落ちきます^^
いい感じなので、もうひとつ作ろうかと考え中です。
110904.jpg