声を出す

2009年7月から声楽レッスンに通いはじめて、7ヶ月たちました。
先日、先生の言葉で、ストンと腑に落ちる言葉があって、
それから突然よくなりました。
その言葉とは、
「声は寝ていても寝言で出るくらいだから、
ムリに出さなくてもいいのよ^^
森本レオみたいにささやくように歌ってみてね♪」
おー!1/fのゆらぎか~!
目からウロコでございました\(◎o◎)/♪♪
私はすごい勘違いをしておりました。
体を筒のようにして声を流すと何度教えられても
一生懸命ノドから声を振り絞ってしまう自分。
その歌声は緊張感を通り越え、悲壮感が漂っていたと思います。
しかしその言葉で私の体からフニャフニャと力が抜けていき
とたんに、こんなに楽に歌えていいのー!???と
申し訳ないくらい楽に高音まで声が出るようになりました。
先生もすごく喜んでくれて、ますますうれし(*^_^*)
・タイム セイ グッバイ
・私のお父さん
・アベマリア*カッチーニ
・私を泣かせてください
と続き、そして今回いただいた曲目は、ダニーボーイ
楽譜は読めない、伊語・英語もカタカナも苦手、
クラッシックなんてまったく知らない私が歌を習うなんて
家族は”怖いもの知らずを通り越している”と呆れますが
できない理由を10個並べてみても、でも歌いたいんだもんねー!
好きなことに理由なんているか!
やりたいことはやりたいんだから、やればいいんだよ。
温かい目で見守ってくださる先生と仲間に感謝です。
軽やかに高らかに、歌声を捧げたい気持ちで一杯です♪♪

前の記事

眠い…