古家のプチリフォーム3

Pocket

床に入れる断熱材。生活する予定はないので必要ないかな?と思ったのですが、よく考えたら寒くない方がいいので入れることに。速攻ホームセンターへ走りました。

発砲スチロールで十分らしいのですが数が足りずにスタイロフォームという断熱材も使いました。根太という枠にあわせてカッターで切って入れていきます。発砲は切るとポロポロと崩れてくるので掃除が大変でした。スタイロフォームがオススメです。

垂れないように結構な目の細かさの枠の中に、カットした断熱材を入れていきます。はじめはうまく出来ずに隙間ができてしまい、だんだん慣れてキュッキュッと足で踏んで入れるくらい隙間なくカットできるようになりました。

夕方までガチで作業してクタクタのところ実家の両親が顔を出してくれ、炊き込みご飯を差し入れてくれました。ありがたや!感謝♪♪

 

翌朝、「よくやってくれるからご褒美」と棟梁が林檎をくれました。わーい(*´▽`*)