パルスセラピー

以前「虹たねかふぇ」のイベントで「パルス健康チェック」をやってもらい
エストロゲンが減少してる!とわかりました。
以来我が家では「大豆祭り開催中」ですが、
さらにしっかり調べるために、2時間「パルスセラピー」を受けてきました。

やはり女性ホルモンの低下は歳とともにありますので、ケアしていきます♪♪
なんと肝臓の後ろ側の細胞皮質に若干異常がありました。
疲れたなーと思うと、右の脇腹のちょい後ろ側がやたら凝って
マッサージしてもらったり、自分でレイキかけたりしていました。
肩甲骨の付け根だから肩凝りと連動しているのかな?と勝手に思い込んでいましたが、
肝臓とはびっくりです。

肝臓って確か「怒り」をため込みやすい個所といわれています。
わたしは知らないうちに溜めているのねー。
日常の何気ない生活の中で怒らない癖を作っていきたいものです。
あとは気になっていた腎臓はキレイなものでした。
ついでに見てもらった腎臓のほうが前より低下していましたが、
セラピーであっという間に戻ったので心配なしです。

問題なのは「胆のう」でした。
胃が痛い、おなかが痛いくらいはわかっても
若いころ胆石をやったことがあるので、ひっかかりやすい場所で
けっこう頑固に悪くて、セラピーしてもなかなか戻りませんでした。
脂質取りすぎたかしらと反省。
しかし「胆のう」って、いったいどこにあるのーという感じでケアに困りますな。
肝臓とくっついている臓器です。

私が受けているパルスはロシアの機器で、全身の機能を波動でチェックしながら
セラピーを同時にしてくれる装置です。
装置といってもおおげさなものでなく、ヘッドホンをして座っているだけで楽ちん^^
肉体だけに焦点を当てて、精度が高くて病院の検査ではでない初期の段階で出るので、
結構信頼してみんなに勧めています。

病気になる前にケアできるこんなにいい機器があるのに、病気予防の観点からもっと
広ってもいいと思いますが、公共機関が取り入れないのが実に不思議です。
機器の価格も600万円弱程度。医療機器としてはそんなに高くないとのでは思うですが…。
何より体への負担がないのが魅力だと思います。

わたしは毎年1回、大病院での人間ドックは欠かさないように予定を入れますので、
今年はパルスで「全身チェック」をやってもらってもらおうかなと考えています♪

 

前の記事

寝違い