もうよくね?話

最近、「もうよくねっ?話」を自問することが多くなりました。
これは「もういいんじゃないソレ?っ」といままでの観念に疑問を持つことなのですが、
ちょと前に新聞でそう思っている作家の記事を見て
あー、本当だよ!もういいよってことあるわーと、セキが切れました。
その作家の方は女性だったのですが、
ファンデーションとジーパンをあげていました。
気持ちわかります。同じ世代でしょうね♪
私の「もうよくね?」は牛乳とから揚げ。
特にから揚げは大好物で主食でした。
もう一生分たらふく摂取しました^^
ありがとう。
あとは漫画雑誌の裏にありがちな広告。
ニキビがあるから女の子にもてないー!洗顔でキレイにしたらモテモテー!
…短絡的でおもしろいけど、もういいです。
ニキビ関係なく好きだと言ってくれる子とつきあってね^^
夜勤とか、原発とか派閥とか、いままでも枠組みなど考えてみたらいろいろ出できます。
starfestival01.jpg
で、あと何かなと考えていたら
七夕の悲しい恋の伝説。
もうよくね?
好きな人と好きなだけ会えばいいじゃないのって、
仕事を忘れるほど熱中するときはほんのわずかな時間じゃないかなって思っちゃいます。
小さいころからこんな話を星を見上げてロマンチック調に聞かされていたら
本当に好きな人とはうまくいかないんだよな~っ
恋愛にかまけているとつらい目にあっちゃうんだよなーって、
ハートの奥底にうえつけられてしまいます。
そんなことないよ。
自分の気持ちを大事にして、大切な人から離れないでね。
織姫と彦星、負けるな。伝説を乗り越えていくのだー!
そういえば、「GEN」の作者も遊郭の遊女を助けたかったという話を聞いたことがあります。
遊女は確かに癒されたと思います。
これぞ多次元ヒーリング!
話が飛びました。
私も次元を超えて織姫と彦星を応援しよう!ということで、
「よくね?話」から、七夕セットを出すことにしました。
元気玉のシトリンはおそろいです♪
織姫と彦星が元気満々で伝説を越えていけるように。

前の記事

観光旅行

次の記事

済州島