お知らせと本話

9/14(金)の「星のワーク」、
テーマは「水星」です♪
詳細は「リファイビュー」にアップしました。
-------------------------------
9/13(金)メナードさんのイベントに出ます♪
西尾市体育館 10~15時 
オーラ写真&クリスタルコラボ
------------------------------- 
120913-02.jpg
トリセツ・カラダ(海堂尊・カイドウタケル著)を読んでます。
おもしろいですねー!
海堂さんがすすめる他の本もさっそく取り寄せました♪
体の大ざっぱなしくみがわかり、ふむふむ、おー!^0^と感心するばかり。
体も石も地球由来なので、当然クリスタルと体の各部位や役割とは縁が深いです。
とっても勉強になります。
たとえばひとことで「腸」といっても、十二指腸と小腸の役割が違うことなどが
図解でわかりやすく説明されていましたが、
これは石をレイアウトするときに「消化器官・第3チャクラ」でひとくくりにせず、
違うタイプの石を置くので納得でした。
また同じハートチャクラに属する、心臓と胃の関係。
いつも集中講座で、この部分の疑問を口にしていたのですが、
なるほどー!と思いあたることもありました。とても感覚的なので表現できなくてすみません。
また講座でお話しますね。
海堂さんは東大生でも中学生でも大人でも大半は、体の中身をきちんと描くことができない。
「不思議です。体の中身って、当たり前すぎて知らないことを知らないのかも」と指摘されていました。
確かに私もきちんと書けませんでした。
こんなに長い間、体とつきあっているのに、自分の体の中の臓器の位置もしっかりわからないなんて…
恥ずかしい。
この本のおかげで、摂取した水、空気、食べ物がどうやって体に取り込まれていくのか全体像がわかり、
体が身近になりました♪
体について知りたい初心者の人によい本だと思います。
おおまかな”体の流れ”がわかり、理解度が深まります。
この本の中で、「無知は無関心につながり、無関心は知らないうちに何かが壊れていく」という言葉は
特に私の心に響きました。その通りだと思います。
一事が万事。体もそうだけれど、原発、教育、政治、経済。
すべてにリンクします。もちろん石もそうです。
興味の範囲は個人差がありますが、
・自分にかかわる生活全般の情報をうのみにしない。
・よく知ることで、できるだけ無関心でない姿勢でいよう
と、心持ちを戒めました。(夏休みの感想文のようになってしまったか)
あと一冊。知り合いが書いた本も紹介します♪
「ひらめき」と「直観力」を鍛える本(森田泰斗著)
120913-03.jpg
このブログを訪問してくださる方は、直観力とひらめきで生きている人が大半だと思いますが、
この本は「ひらめき」をどこに落とし込んで行動に変えていったらよいのか、
内向きで、あいまいになりがちな「ひらめき」を外に向けるよう「鍛え方」が載っています。
著者人柄そのままに、使われている言葉がやさしくて、わかりやすい文章です。おもしろく読めるので、
学生さんとか新入社員、ひらめきとか直観に興味アリ!という人におすすめです。
友人はSE、画商、塾講師といろいろな経歴を経て、いまは会社の社長をしています。
どちらかというとノンスピなイメージがあったのですが、実践していることはとても柔軟です。
どの世界にいても、行きつくとこは一緒なのだと、そんなことを感じました^^
おもしろいので私のサロンにもサイン入りで数冊置いてあります。